ネット通販の現状について調べてみた

とんでもないスピードで拡大し続けているんですね

「ショールーミング」に苦しめられている実店舗

「ショールーミング(Showrooming)」とは実店舗で実際に商品を触るなどして品定めをし、そこで購入の意思が固まったとしてもそこでは買わずにネット通販で安いショップを見つけて買うという、購買行動のことを言うそうです。

これは家電や本、日用品などあらゆるカテゴリ商品でおこっていて実店舗の売上げに悪影響を及ぼしています。かくいう私もショールーミングを行った経験が何度も^^ 最近の話としては冷蔵庫を買おうと思い近くの大手家電量販店へ品定めへ。自宅へ帰りその家電量販店のネット通販サイトを見てみたら同じ商品なのに価格に2万円もの差があったんです。もちろん安かったのはネット通販のほう。後日改めてその店に行って店員の方にその点について聞いてみたところ、やはり実店舗では様々な経費がかかってしまい、どうしてもネット通販価格までは下げられないとのことでした。とても渋い表情で「ぜひネット通販で買ってください」と私のことを思って言って下さいました(出来ればそこのお店で買ってもらいたかったんでしょうがお言葉に甘えてそうさせてもらいました^^)この場合はまだ同じ家電店内での話だからいいのですが、自分のお店で品定めをして、アマゾンなど他のネットショップで購入されるのはさぞ悔しい思いなんでしょうね。

そんな状況でネットに売上げをもっていかれながら黙ってはいられず猛追撃を始めているの家電量販店。その証拠に前年度ネット通販売上げ高トップ10の中に上新電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラの3社がランクインしています。具体的にどのような方法で追撃しているか紹介します。

家電量販店の猛追撃が始まった

もしあなたがネット通販で家電を購入するとしたら、何に不安を感じますか?

@配送料
A納期
B大型家電の設置代行代や不用品の引き取り
C不良品や返品などに関するアフターサービス
D保障期間

こんなところじゃないでしょうか?アマゾンだって、ヨドバシカメラだって売る商品は同じ。猛追撃中の家電量販店はこれら一つ一つの消費者の不安に対して徹底的に他社より優位に立つ努力を積み重ねていき、売上げ拡大につなげているんです。ではもうちょっと具体的に説明しますね^^

@配送料
ヨドバシカメラは全品送料無料、その他の店もも全品送料無料のキャンペーンを行ったり、かかっても1,000円以下などなるべく送料に負担を感じさせない設定になっています。ガソリン代が高騰する中、車で買いに行くよりも安くつくかもしれませんね。

A納期
いまや当日発送・翌日配送は当たり前。そんな中でもヨドバシカメラなら当日の13時までに注文すれば当日に届いてしまうことも!!これに続けと各店ともに納期短縮に力を入れています。

B大型家電の設置代行代や不用品の引き取り
このサービスはケーズデンキとヨドバシカメラ、ビックカメラが作業料や不用品の引き取り料が他社より安くなっています。

C不良品や返品などに関するアフターサービス
近所の家電量販店で買えば商品に不具合があった場合すぐに持ち込めるがネット通販だとそうはいかないのでは?と不安に思う方も多いことでしょうが、もしネット通販で買った家電量販店の店舗が近くにあった場合、そこに持ち込めば店舗で購入した場合と同じ対応を受けられます。もし家のそばにない場合は量販店によりますが、ヨドバシカメラなら購入後最長30日間の購入に応じてくれます。残念ながらどこの量販店も商品の返送料はかかってしまいます。

D保障期間
メーカーの1年保証とは別に有料で保証期間を延長する「長期保証サービス」ですがこれは実店舗で購入してくれたお客様向けのサービスととらえている量販店が多いのが実状。そんな中、ケーズデンキやビックカメラでは実店舗と同様のサービスをネットでの購入客にも適用しています。

このような細やかなサービスのもと、家電量販店はネット通販での売上高を着実に伸ばしてきているんです。それから家電を購入し、故障したので修理に出したくても保証書をなくししまうと有料修理になってしまいますよね。ネット通販で購入した場合は店側で購入者履歴を長期保管してあるので保証書なしでも無料修理を受けられるというメリットもあります。
発展しつづける家電量販店のネット通販。ますます目が離せません^^