ネット通販の現状について調べてみた

とんでもないスピードで拡大し続けているんですね

私たちの生活にすっかり定着したネット通販

私にとって今やなくてはならない存在となっているネット通販。特にここ数年間での利用回数が増えてきているように感じています。ネットスーパーを利用した普段の食料品はもちろんのこと、服や靴、大型家電や旅行の予約など、あらゆるものをネット通販しています。ネット通販のおもしろさは実のお店まで買いにいけないものが手に入る、家を出なくてすむ、などでしょうか^^ 輪をかけてものぐさになっていく自分が少々怖い気がしなくもないですが・・・。ついつい余計なものを買ってしまって失敗することもしばしば・・・。しかーし!実際に手にとってみることが出来ないものをちょっとドキドキしながら購入し、それが届くまでのワクワク感、そして届いた品物が予想以上に良かったときの満足感!結局のところ、これがネット通販の醍醐味ですかね。

前置きが長くなりましたが、私のようにネット通販を日々利用している人ってすごく多いと思うんです。そこで実際にはネット通販の規模はどれくらいなのか、調べてみることにしました。

ネット通販の市場規模

いろいろ調べて改めて驚いたのは、ネット通販が始まったのはたった10年ちょっと前のことなんです。それが今や国内年間売上高は10兆円を超えているそうです!今後も規模は毎年2桁成長が続くようで価格やサービス面での熾烈な争いが激化するとのこと。消費者にとっては嬉しいことですけどね。

ネット通販売上げランキング

日本流通経済新聞が昨年、国内ネット通販上位500社の年間売上高を調査した資料から売上げ上位9社をご紹介。この順位を見てナットク!2位と3位以外は今年になって一度は利用しています^^

1位:アマゾン
2位:千趣会
3位:ニッセン
4位:デル
5位:上新電機
6位:楽天ブックス
7位:イトーヨーカドー
8位:ヨドバシカメラ
9位:ビックカメラ

やっぱり強いぞ、アマゾン!

アマゾンの首位君臨は今年で6年連続。2012年のアマゾンの国内での売上げ高は前年比18.6%増の78億ドルだそうです。78億ドルってかなりアバウトに円に換算すると70億円ほどでしょうかね?あまりにも数字が大きすぎてピンとこないですね。2位の千趣会の売上げと比べると千趣会の約7倍と、大きく突き放してブッチ切りの1位なんです。

大手カタログ通販やスーパーもネット通販で売上げ拡大へ

2位の千趣会をはじめ、ベルーナやディノスなど、大手カタログ通販企業もネット通販の売上高を拡大しているようです。
また、急激に売上高を伸ばしているのが7位のイトーヨーカドーやイオン、西友などのネットスーパーです。わざわざスーパーに出向かなくても、実際に店頭に並んでいる商品の中からより質のいいものを選んで届けてくれるので、忙しい主婦や私のように出不精の方に大好評なようです^^

国内売上高を底上げしてるのが個人ドメイン店

最近では数千円の月額費用を払ってショッピングカート機能をレンタルし、気軽に個人でネットショップを運営している人が増えているそうです。その数は数百万と言われています。1店舗あたりの売上高としてはまだまだかもしれませんが、これだけの店舗数の売上高を合算すると相当な金額になるでしょうね。
サラリーマンで副業でやろうという方は、年間20万円を超えると申告が必要になります。 どうせなら開業届けを出してはじめるのが良いでしょう。→ネットショップの開業届

ここで語らないわけにはいかない「楽天」

楽天は多数のショップの集合体。いわゆるショッピングモールなので上のランキングには含まれていません。しかし、よく「アマゾン派?楽天派?」という話が出たり、売上げ的にもどちらが大きいかという話題を耳にしたり。何かにつけてアマゾンと比べられるようですね。ちなみに私は楽天派です^^ 楽天市場のサイトに行くと、ポイント倍増キャンペーンなど様々なキャンペーンにかる〜く乗っかっちゃってついつい買っちゃうんですよね^^おかげで私はずっとダイヤモンド会員です^^
楽天の発表による2012年の流通総額はなんと1兆4千億円!これだけ見ると、アマゾンの約2倍ということになりますね。ただ、この金額は楽天に入っているテナントショップの総売り上げ高なので、楽天自体の売上げはテナントから支払われた手数料分の4億5千万円ほどだそうです。 ショップ全体の売上げ高を比べると楽天が勝ち!企業としての売上高を比べるとアマゾンが勝ち!ってことになりますね。

ネット通販の市場拡大の背景にはスマホがあった

ネット通販市場がたった10年ちょっとでここまで拡大した背景には様々な要因がありますが、中でも一番大きい要因はスマホの普及です。パソコンも固定電話も携帯電話も持たず、スマホだけという人が増えていて、今年か来年にはネット通販のスマホからの売上高がパソコンからの売上げ高を追い抜くとさえ言われているようです。若い世代を中心に、スマホを利用したmixiやツイッターなどのコミュニュケーションアプリによる商品情報の拡大も大きく影響しているのかもしれませんね。ちなみに今更の自己紹介でなんですが、私は花の40代女性。スマホは持っているものの、全くもって使いこなせていません(汗)